メディア掲載のお知らせ

朗読劇「線量計が鳴る」は、来週の新横浜で50回公演となります。
この間、中村はもう一作の喜劇「流行性官房長官」を書き上げ、角川書店刊の「憲法についていま私が考えること」(日本ペンクラブ44人の作家が寄稿)に参加しています。
このことについて、毎日新聞のインタビューを受けました。
中身は、以下のメディアで読むことができます。

11月25日 毎日新聞 ウェブ版 https://mainichi.jp/
11月30日 毎日新聞 夕刊2面


朗読劇「線量計が鳴る」2019年上演スケジュール

中村敦夫のライフワーク
朗読劇「線量計が鳴る」の全国上演が始動しています。

原発の町で生れ育ち、原発で働き、原発事故ですべてを奪われた。
これは天命か、それとも陰謀か?老人は、謎解きの旅に出る。

ー内容についてー

形式

一幕四場の出演者一人による朗読劇。
元・原発技師だった老人の独白が展開されます。
二場と三場の間に十五分間の休憩。
それを入れて、計二時間弱の公演です。
背景にスクリーンがあり、劇中の重要なワードなどが、
映写されます。他の舞台装置は不要。

物語

一場
原発の町で生れ育ち、原発で働き、そして原発事故で
すべてを失った主人公のパーソナル・ヒストリー(個人史)
二場
原発が作られ、日本に入ってきた事情。
原発の仕組み。福島事故の実態。
三場
主人公のチエルノブイリ視察体験。
被曝による医学上の諸問題と現実。
放射線医学界の謎。
四場
原発を動かしている本当の理由。
利権に群がる原子力ムラの相関図。

 

*下記のポストカードをクリックして頂くと、ポストカードのデザインが見れます。
使いたい方は、岡部達平さんに、メールにてご連絡下さい。詳細をお話致します。
E-mail:amagaeru-photos@wind.ocn.ne.jp

線量計が鳴る_postcard

線量計が鳴る

線量計が鳴る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★★上演スケジュール★★★

 

 

2019年1月19日(土)北区王子公演(東京都)
14時開演
王子北とぴあペガサスホール
チケット2000円(全席自由)
*チケットは、完売いたしました。
お問い合わせ:090-2171-4971
メール:p-c-netw311@nifty.com

 

2019年2月23日(土)京都市公演(京都府)
14時開演
京都教育文化センター
全席自由席
主催:京都府保険医協会
申込・問い合わせ 075-212-8877
FAX:075-212-0707
:info@hokeni.jp
https://healthnet.jp
*HPからもお申込みいただけます。
「京都府保険医協会」検索
メール、FAXでのお申し込みの場合
参加者申込書
参加者氏名(代表者)、他、参加者氏名(大人/高校生以下)
代表者連絡先(電話番号)
参加申込受付書の返送先
受付書返送先FAX番号もしくはメールアドレス
(いずれもない場合は送付先ご住所)

 

2019年3月2日(土)名張市公演(三重県)
18時開演
名張市総合福祉センターふれあい
前売:1500円 当日:1800円
(収益金の一部を福島のこどもに)
主催:中村敦夫朗読劇上演実行委員会
連絡先:0595-64-3098(浜本孝江)

 

2019年3月9日(土)金沢市公演(石川県)
18時開演
金沢21世紀美術館シアター21
全席自由席
前売券1800円(障碍者1300円。介助者1名含む)
当日券2000円
前売り完売の場合、当日券はございません。全180席
主催:「線量計が鳴る」金沢実行委員会
問い合わせ:090-8849-6864(中筋携帯)
チケット予約:geigerkanazawa@gmail.com
■チケット購入
①お名前②ご住所③携帯電話番号④必要枚数をご記入の上、上記の
アドレスまでご連絡下さい。
前売りは公演日前日(3月8日20時)までの予約に限ります。
■チケット代金は、当日受付にてお支払いください。

 

2019年3月16日(土)可児市公演(岐阜県)
13時30分開演
可児市文化創造センター 演劇ロフト1F
前売り1500円・当日2000円・高校生以下無料
主催:中村敦夫朗読劇を観る会
お問合せ
高相(090-8156-1103)
林 (090-1786-7447)
浅沼(090-3150-1939)
高野(090-1095-9046)

 

2019年3月24日(日)富山市公演(富山県)
14時開演
サンフォルテ・ホール(富山県民共生センター)
全席自由
前売1800円 当日2000円
チケット取扱:アーツナビ
主催:命のネットワーク・呉東
問い合わせ・予約先 0765-72-2526(川原)

 

2019年3月30日(土)札幌市公演(北海道)
15時開演
札幌エルプラザ3F大ホール
チケット前売り1800円・当日2000円
(前売り券が完売の場合、当日券はありません)
チケット取り扱い:大丸プレイガイド、道新プレイガイド
主催:泊原発を再稼働させない北海道連絡会
連絡先:E-maii skawahara1217@nifty.com
TEL 090-8278-4990

 

2019年3月31日(日)岩内公演(北海道)
14時30分開演
共和町生涯学習センター大ホール
チケット前売り1500円・当日2000円
*高校生以下無料
主催:「線量計が鳴る」上演実行委員会
問い合わせ
090-8899-9240(佐藤英行)
0135-73-2142(中村裕恭)
前売券:FAX0135-62-1568(佐藤英行)

 

2019年4月13日(土)佐久市公演(長野県)
13時30分開演
市民連錬センター
全席自由席
前売2000円(当日2500円)
高校大学生1000円 小中学生無料
プレイガイド:西澤書店(野沢)
主催:サラバ原発佐久の会
連絡先:090-9152-0669(湯浅)

 

2019年4月17日(水)杉並公演(東京都)
18時開演
杉並公会堂小ホール
入場料:2000円
全席自由席190席・車椅子席4席
主催:「線量計が鳴る」を上演する杉並の会
TEL:090-7838-2078(受付時間10時~17時)
チケットの申し込み
FAX:03-5397-7772
チケット申込書
お名前(フリガナ)・ご住所・電話番号・希望枚数
申し込みされた方には予約票を発送します。上演当日に入場料と
ともに提出してください。チケットと交換します。
定員になり次第締め切らせていただきます。

 

2019年4月20日(土)室戸市公演(高知県)
室戸健康大学授業内
10時~
ニューサンパレスむろとジョン万ホール
*詳細は、わかり次第お知らせ致します。

 

2019年4月21日(日)高知市公演(高知県)
高知健やか塾
時間未定
高知市内
*詳細は、わかり次第お知らせ致します。

 

2019年4月27日(土)町田市公演(東京都)
時間未定
町田市民フォーラム
*詳細は、わかり次第お知らせ致します。

 

2019年5月5日(日)野田市公演(千葉県)
13時~
欅ホール
*詳細は、わかり次第お知らせ致します。

 

2019年5月11日(土)豊岡市公演(兵庫県)
14時~
豊岡市民プラザ
*詳細は、わかり次第お知らせ致します。

 

この他、十数都市で、上演委員会設立が準備されています。
決まり次第、日程を発表しますので御期待下さい。:


お知らせ

11月4日、午前5時から1時間、「反骨・中村敦夫の福島」が、
NHK・Eテレで放映された。
その影響のおかげか、≪線量計が鳴る≫の単行本のアマゾン販売
ランキングが、「戯曲・シナリオ」「核・原発問題」の両部門で
第1位になった。
尚、再放送は11月10日(土)午後1時から。


著書『線量計が鳴る』出版のお知らせ

朗読劇『線量計が鳴る』 単行本(ソフトカバー)

中村敦夫

線量計が鳴る

 2011年の地震・原発事故以来、現実的な原発の危険性が一般に理解されるにはどうしたら良いのか考えてきました。試行錯誤するうちに思い立ったのが、朗読劇という表現方法。一人で道具を背負い、日本各地で上演しているのが本作「線量計が鳴る」です。東北弁で語られる実証的な情報に、「学び」と「興味」が相乗し、公演は各地で満員御礼。評判が評判を呼んでいます!
 原発の技術と問題点、被曝の危険性、福島第一原発事故の実態など、原発の基礎から今日の課題までを、分かりやすく伝えます。

【発売日】2018/10/15
【出版社】而立書房(じりつしょぼう)
【予約・販売】
 AMAZONホームページ


テレビ出演のお知らせ

長いこと取材して下さった、NHK福島の「こころの時代」が放送になります。
是非、ご覧下さい。

<全国放送・Eテレ>
★こころの時代~宗教・人生~「反骨 ~中村敦夫の福島~」(60分番組)
放送日:本放送/2018年11月4日(日)朝5時~6時
    再放送/2018年11月10日(土)午後1時~2時

<福島県単放送・総合テレビ>

★福島県内向け放送「反骨 ~中村敦夫の福島~」(26分30秒番組)
放送日:本放送/2018年11月2日(金)夜7時半~7時56分30秒
    再放送/2018年11月3日(土)午前10時55分~11時21分30秒


共著『憲法についていま私が考えること』

憲法についていま私が考えること

いまこそ、憲法と平和について話そう。

特定秘密保護法の強行採決以来、安保関連法、共謀罪の強行採決……加速する改憲問題の行く末は―? 44名の作家が考える、この国のこと、私たちの未来のこと。

  喜劇「流行性官房長官」
  ー憲法に関する特別談話ー 中村敦夫

  単行本 – 2018/9/21発売
  日本ペンクラブ編

  ¥ 1,836
      販売サイト

【執筆者一覧】
赤川次郎/浅田次郎/あさのあつこ/梓澤和幸/阿刀田高
大城貞俊/太田治子/落合恵子/加賀乙彦/岳真也/金井奈津子
金子兜太/金平茂紀/川村湊/神田松鯉/黒田杏子
玄侑宗久/坂手洋二/佐高信/佐藤アヤ子/下重暁子/志茂田景樹
高野ムツオ/高橋千劔破/谷川俊太郎/田原総一朗/出久根達郎
ドリアン助川/中島京子/中西進/中村敦夫/中村文則/野上暁
馬場あき子/堀武昭/又吉栄喜/松本侑子/三田誠広/盛田隆二
八重洋一郎/山田健太/養老孟司/吉岡忍/若松丈太郎


2019年朗読劇「線量計が鳴る」上演報告

[第56回]公演 1月7日(月)13時30分開演 長野市(長野県)

本年度の幕明け公演は、0℃をはさんで、昼夜の温度差が2度が3度しか
変わらない冬の街・長野市で開催。今までとは違ったプロデュース形体だ。
100人規模の地元企業が主催。自社の集会ホール(100名収容)を使い、
観客はすべて従業員。そもそも、この会社の社長御夫妻が、朗読劇を東京で
観たのがきっかけ。感激した御夫妻が、社員にも是非見せたいと決断!
さすが教育県の長野!ありきたりの新年会より、まず勉強!
終演後、珍事が起きた。劇に感動した高齢の社員が、中村を質問攻め。
「結局何年原発で働いたのですか?」「どのくらい被曝したんですか」等々。
どうやら、中村を本物の原発技師と思い込み、体験談を聞かされたと勘違い
したようだ。後ほどの中村の言は、「オレって化け型俳優?」

 

[第57回]公演 1月11日(金)13時30分開演 仙台市(宮城県)

去年の11月7日の公演で、ホールが満杯になり、100名以上のお客様に
帰ってもらった。
その借りを返すのが今回の追加公演だったが、会場が見つからず、法運寺(日蓮宗)
のご住職に、会場として本堂を開放していただいた。150名くらいは何とかなる
と思っていたが、公演1週前くらいにはすでに予約が一杯。再々上演の声もあがり、
関係者は頭を抱えている。
会場は反応がよく、大きな笑い声や、共感の声が本堂に響きわたった。
東北人が内気だなんて、誰が言ったんだ?少なくとも、仙台人には忖度はない!


シンポジウム《ふるさとと文学2018~菊池寛の高松》

菊池寛生誕130年・没後70年記念事業

基調映像「ある自由主義者の走馬灯~菊池寛の人・作品・世界」

【語 り】神田松鯉(講談師)、演奏:佐藤久成(ヴァイオリニスト)、
構成脚本:吉岡忍(作家)、映像制作:四位雅文(映像作家)
菊池寛「閻魔堂」(作品事例)
【朗 読】中村敦夫(俳優、作家)
パネルディスカッション「菊池寛の高松」
【出 演】阿刀田高(作家)、下重暁子(作家)、松本侑子(作家)、
     菊池夏樹(菊池寛直孫、菊池寛記念館名誉館長)
【進 行】山田健太(専修大学文学部教授)

【日 時】平成30年11月10日(土曜日)
     開会:13時30分(開場:12時30分)、閉会予定:16時30分
【場 所】サンポートホール高松 大ホール
【参加費】無料
【定 員】1,000人
【申し込み】往復はがき又はメールに、件名を「ふるさとと文学2018参加希望」と記入し、氏名、郵便番号、住所、電話番号、
【住 所】760-0014香川県高松市昭和町一丁目2番20号 菊池寛記念館「ふるさとと文学2018」係
【メールアドレス】
kikuchikanmemorial★gmail.com(★を@に変えて入力してください)

※メール申し込みの場合、3日以内に返信メールを送りますので、上記メールアドレスが受信できる設定にしてください。なお、返信メールが届かない場合は菊池寛記念館までお問い合わせください。
※応募多数の場合は抽選となります。

【主 催】菊池寛記念館文学展実行委員会、一般財団法人 自治総合センター
【企画監修】一般社団法人 日本ペンクラブ
【ホームページ】
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/kikuchikan/furusato.html