2019年朗読劇「線量計が鳴る」上演報告

[第56回]公演 1月7日(月)13時30分開演 長野市(長野県)

本年度の幕明け公演は、0℃をはさんで、昼夜の温度差が2度が3度しか
変わらない冬の街・長野市で開催。今までとは違ったプロデュース形体だ。
100人規模の地元企業が主催。自社の集会ホール(100名収容)を使い、
観客はすべて従業員。そもそも、この会社の社長御夫妻が、朗読劇を東京で
観たのがきっかけ。感激した御夫妻が、社員にも是非見せたいと決断!
さすが教育県の長野!ありきたりの新年会より、まず勉強!
終演後、珍事が起きた。劇に感動した高齢の社員が、中村を質問攻め。
「結局何年原発で働いたのですか?」「どのくらい被曝したんですか」等々。
どうやら、中村を本物の原発技師と思い込み、体験談を聞かされたと勘違い
したようだ。後ほどの中村の言は、「オレって化け型俳優?」

 

[第57回]公演 1月11日(金)13時30分開演 仙台市(宮城県)

去年の11月7日の公演で、ホールが満杯になり、100名以上のお客様に
帰ってもらった。
その借りを返すのが今回の追加公演だったが、会場が見つからず、法運寺(日蓮宗)
のご住職に、会場として本堂を開放していただいた。150名くらいは何とかなる
と思っていたが、公演1週前くらいにはすでに予約が一杯。再々上演の声もあがり、
関係者は頭を抱えている。
会場は反応がよく、大きな笑い声や、共感の声が本堂に響きわたった。
東北人が内気だなんて、誰が言ったんだ?少なくとも、仙台人には忖度はない!

 

[第58回]公演 1月19日(土)14時開演 北区(東京都)

主催は、NPO法人福島支援・人と文化ネットワーク。
東京では最北の地域であり、福島に最も近いせいか、福島出身の住人が多いという。
関係者や観客には、中村と同じいわき市の小学校や中学校の卒業生も何人かいた。
会場の北トピアは、王子駅から徒歩で2分。王子駅は東北新幹線や東北本線の通過駅
であり、常磐線とは西日暮里で直結する。
NPOの会長は、講談の神田香織(いわき市出身)さんで、当然のことながら観客
動員に力が入った。定員170人は満員で、中村のいわき弁の語りは、母国語のよ
うに歓迎された。んだっぺ?

公演4日前の1月15日、中村は日本ペンクラブ環境委員会の福島第1原発視察団
に参加。2時間に及ぶ敷地内専用バスによるツアーは、窓を閉めきったまま、1歩も
外へ出られなかった。スポットによっては、毎時200~400マイクロシーベルト
の強烈な放射能汚染区域があり、本質的な問題は未解決のままで、今後100年くら
いの将来は見えない。