【第25回】仙南地区(宮城県)公演 2018年2月24日

 いよいよ今年の幕開きだ。
 プロデュースを担ったのは、仙南地区の小中学校の先生たちが中心。会場は、大河原町の「えずこホール」。
 「えずこ」とは、昔の農民が田畑で働く時、赤ちゃんを入れておいた大きな篭を意味する。
 ホールの外形が、その篭に似せて作られ、シュールなデザインである。
 町自体は、単調なインフラだが、この一画だけは、さまざまな飛んだイベントが展開されるという。周辺は保守的な風土なので、今回は観客動員が難しいと予想された。
 当初は、150人くらいはと目標を立てたが、開けてびっくり、235人の超満員。プロデューサーたちも嬉しい悲鳴。
 全国版新聞も一社、地方テレビ局も一社、はるばる取材に駆けつけた。
 「世の中はもう原発事故を忘れている」という宣伝は、どうやら嘘のようである。