【第41回】蘭越町(北海道)公演 2018年9月16日

 札幌から西南へ2時間40分のドライブ。ニセコの隣が、温泉と農業の町・蘭越(らんこし)である。
 人口は4000人くらいだが、文化活動が盛んで、札幌でやるなら、是非こちらにもという要請があった。
 町や教育委員会の後援もあり、蘭越町山村開発センターの150席は満席。
 公演後は、上演委員会会長の自宅で懇親会。各々が持ち寄った手造りのおかず。東京ではまずお目にかかれないような山菜、野菜。小粒のトマトなども5色もあって、味の濃いこと。
 とうもろこしも木のこも、昔食べたままの味。こういう食物と較べると、都会人が食べているのは、「エサ」にすぎない。
 翌日は、帰途、問題の泊原発を見に行った。対岸の漁港、岩内町からしか姿が見られない。美しい海、畑、森。一つ間違えば、永久避難の対象だ。土地の人に、来年、岩内町でも公演してくれと頼まれた。


【第40回】札幌市(北海道)公演 2018年9月15日

 豪雨台風直後の大地震、大停電と北海道はパニック状態に陥り、数日前まで公演の実施が危ぶまれた。
 飛行機が飛ぶことになったので、念のため前日入り。夕方の街は灯りが暗く、交通量も人出も少なかった。客は来るのか?
 担当大臣の発言は、毎日180度変った。本人が何も理解してないのが見え見えで、福島原発事故の時の安全保安院のデタラメ応答を思い出した。
 今回の大停電の本質は、北海道の電力の半分を担う苫東厚真火力発電所のポンコツ機械のずさん管理だという指摘もある。
 なぜか?泊原発の安全基準をクリア―し、再稼働させるのには大金が要る。
 そのために、火力発電の修理手抜きで、予算を浮かしたかったと言われている。
 ところで、このドサクサを利用して、御用学者や御用文化人たちが、サギ師のような詭弁を弄している。
 「こんなことがあるから、原発を早く再稼働させるべきだ」と。恥ずかしくないのか?
 今回の震源地が泊原発の直下だったらどうする?
 札幌公演は、中島公園内にあるこぐま座で行われ、80人席は満杯だった。
 この日、節電が緩和されたせいか、すすき野には大勢の人が溢れていた。


【第39回】松本市(長野県)公演 2018年9月2日

 松本市は、伝統的に文化水準が高く、芸術家や知識人が多く住み、市民の知的好奇心も旺盛である。
 丁度ここ数日間、毎年恒例の小澤征爾氏のオーケストラ演奏会があり、「特急あづさ」も、市内のホテルも超満員。
 でも、まつもと市民芸術館で行われた私の朗読劇にも、280席ほぼ満杯の客が押し寄せてくれた。
 市民劇団もたくさんあるとのことで、「線量計が鳴る」も、どんどん上演して欲しいと要請した。


【第38回】豊田市(愛知県)公演 2018年8月25日

 午前中に豊田市へ電車で移動。
 午後、主催者の方々に、町を案内していただく。
 以前も選挙関係で来たことはあったが、あまり記憶に残っていなかった。
 人口40万の大都市だが、家族を含めると80%が「トヨタ・ピープル」。
 ここで生れ育つというのは、かなり特殊な環境だろうと、興味が深まる。
 豊田産業文化センター・小ホール(240席)もほぼ満員。


【第37回】名古屋市(愛知県)公演 2018年8月24日

 台風19号と20号がもつれ、日本列島が大暴風雨に襲われていた。
 新幹線が止る恐れがあり、用心のため前日に名古屋入り。
 公演当日の夕方は、奇跡的に名古屋周辺だけ雨が止む。
 入場券はすでに1ヶ月前に完売していたが、嵐のため、遠方の客が多少外出をギブアップ。代わりに、当日売りの客に案内ができ、300席が満員。