映画「帰郷」
previous arrow
next arrow
Slider

【第79回】公演6月21日(金)多摩市(東京都)

公演は、久しぶりに都市圏ー多摩地区で行われた。
ホールは、京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩2分にあるビルの8F。
2日前に、朝日の都内版に告知記事が載ったので、当日客も多く、補助席を一列増やす盛況となった。この地周辺に住む知人も、数人観劇に訪れた。
京都で時代劇(これも久しぶり)の撮影もやっており、行ったり来たりのスケジュールだが、体調維持に気をつけている。
夏の暑さには弱いので、七月は公演をお休み。秋に備える構えを取っている。


【第78回】公演 6月8日(土)盛岡市(岩手県)

 岩手県と言えば、花巻を舞台にした連続テレビドラマのロケで、一ヶ月ほど現地の旅館に滞在したことがある。樹木希林さんと夫婦役で、中村が時々帰宅する外国航路の船員、希林さんが地元の小学校のハリキリ校長を演じた。今となっては、遠い昔話になってしまった。
 盛岡や雫石、水沢などへも、講演や選挙運動などで何度か足を運んだことがある。
 今回の公演は、盛岡の食品業界で活躍する実業家の音頭で実現した。ほとんどの公演は、上演委員会スタイルで、反原発運動にかかわる地元の活動家などが中心で展開してきた。とは言え、環境問題に力を入れている個人の努力で実現するケースも何度かある。今回がその好例である。それにしても、300名以上の集客を目指すというのは大がかりだ。結果、360名以上が入ったのだからびっくりする。
 ほとんどの客が、普段は社会運動の周辺にはいない層で、若い世代もちらほら見受けられた。劇に対する反応は、これまでの公演と同質のもので、もっと情報が欲しいという観客の気迫がみなぎっていた。


【第77回】公演 6月2日(日)南会津町(福島県)

 南会津町は山岳に囲まれた盆地だが、隣接する只見や檜枝岐を含めた大ブナ林地帯でもある。古くから林業が盛んだったが、戦後の材木バブルで、億万長者の一群が生れ、花街も大いに賑ったという。
 一時は、日本中の大きな和太鼓の木枠も、ここのけやきで作られていた。現在の林業は見る影もない。中村の参院議員時代、20000本のブナ林を斬り倒して、林野庁系の独立法人の収入にくり入れようという工作があった。
 中村は自然林保護を主張し、この計画を白紙に戻した。その時の自然林保護活動家が、今回の公演のスタッフの一人だった。
 公演が行われたのは、「御蔵入(おくらいり)交流館」。「御蔵入」とは、幕府の天領という意味であり、この地が歴史的な意味合いを持っている証である。現地スタッフは、200名動員を祈っていたが、当日売りも増え、近い将来の上演参考にと、仙台、郡山、三春などからのプロデューサー達も加わり、結果230名の超入りとなった。スタッフは、「事件だ!事件だ!」と大喜びだった。


【第76回】公演 5月25日(土)名護市(沖縄県)

 名護は辺野古を抱える反基地運動の拠点である。
 議員時代には、2度ほど激励に訪れた。今回は立ち寄る時間がなかったが、この芝居の推進者たちの多くは、基地反対運動にかかわっている。
 さて、連続3回の公演で、観客の反応は、本土の公演で感じたものと全く同じだった。考えてみれば、戦争が始れば、真っ先に狙われるのは北陸や東北の原発立地か、米軍基地のある沖縄である。
 つまり、基地と原発は同質の危機を抱えているのである。
 最後の公演も、270人くらいの集客ができた。三日間とも同じような数字が並んだのは偶然だが、嬉しい驚きでもある。