映画「帰郷」
previous arrow
next arrow
Slider

【第88回】公演 1月11日(土)港区(東京都)

本年度第1回公演だが、延べで88回目である。
本来は、昨年10月12日の予定だったが、当日超大型台風に見舞われ、今回まで延期された。広告期間が伸びたせいか、208席は入れないほどの満員となった。
上演委の主体は、脱被ばく実現ネットワーク(福島県や周辺から避難している人々を物心両面で支える団体)や他の反原発グループ、沖縄カカオプロジェクトのネバリ・バザーロ、アマチュア女性カメラマンから見える風景を展示するフォトボイス等々、多様なグループのボランティアたちだった。20人近い現実の避難者も観劇し、終演後に中村の楽屋を訪れた。劇の主人公も被災者という設定なので、中村も仲間と思われたようで、楽屋は華やかな交流の場となった。被災者でありながら、自ら仲間の救援運動に尽力している人もいる。こういう人たちに接すると、日本も捨てたもんじゃないなと思い直す。
駄目なのは、官邸や永田町で利権をむさぼるドブねずみたちだけなのか?


2020年朗読劇「線量計が鳴る」上演終了

2月29日(土)所沢市公演(埼玉県)
14時開演
所沢まちづくりセンター(中央公民館ホール)
入場料:2000円
主催:朗読劇「線量計が鳴る」所沢上演実行委員会


2月24日(月・休日)高松市公演(香川県)
14時開演
香川県社会福祉総合センター  
  開催:脱原発アクションin香川

2月23日(日)松山市公演(愛媛県)
14時開演
松山市民会館小ホール  
開催:原発さよなら四国ネットワーク

2月22日(土)今治市公演(愛媛県)
14時開演
大西公民館  
開催:瀬戸内海の自然環境と生物資源を愛する会

【料金】 前売り:2000円 当日:2500円 大学生以下:1000円
小学生以下・介助者:無料    
主催:「線量計が鳴る」連続公演愛媛・香川実行委員会


1月19日(日)厚木公演(神奈川県)                  
13時30分開演 
厚木市文化会館小ホール                
前売り券:一般2000円 学生・障がい者1000円          
 当日券:一般2500円 学生・障がい者1500円           
 主催者:朗読劇「線量計が鳴る」厚木上演実行委員会


1月11日(土)港区公演(東京都)  
13時30分開演 リーブラホール                    
入場料:2000円(全席自由)学生1000円 小中学生無料
 福島原発事故からの避難者無料(要事前連絡)               
主催:「線量計が鳴る」中村敦夫1人朗読劇実行委員会          
 劣化ウラン廃絶みなとネットワーク/脱被ばく実現ネット


北陸朝日の「言わねばならないこと~防空演習を「嗤った」男・桐生悠々~」   全国放送決定!!

金沢出身の新聞人・桐生悠々。戦時中軍部と一人対峙した男のドキュメンタリーです。
中村敦夫が、朗読で悠々の言葉を今に蘇らせます。
北陸朝日の渾身の作品です。是非、見て下さい。
第1回「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」
第25回PROGRESS賞の最優秀賞を頂きました。

「言わねばならないこと―防空演習を『嗤った』男・桐生悠々―」の放送日時
現在のところ、以下のようになっています。

第25回「プログレス賞」最優秀賞
「言わねばならないこと―防空演習を『嗤った』男・桐生悠々―」放送予定

※放送時間は変更になる可能性もあります。放送前に各局のHPや番組表でご確認下さい。

(関東)
12月28日 4:30―5:50    (テレビ朝日)
(北海道・東北)
12月26日 13時55分~15時20分(秋田朝日放送)
12月28日 4時00~5時25分     (岩手朝日放送)
12月29日 26時30分~27時55分(福島放送)
12月30日 26時20分~27時40分(北海道テレビ)
12月30日 4時25分~5時50分  (青森朝日放送)
12月31日 4時25分~5時50分  (東日本放送)
1月 3日 4時25分~5時50分  (山形テレビ)
(中部・北陸)
12月28日 3時50分~5時15分  (名古屋テレビ)
12月30日 4時25分~5時50分  (新潟テレビ21)
12月30日 9時55分~11時20分 (長野朝日放送)
12月30日 13時~14時25分   (北陸朝日放送)
1月 2日 4時25分~5時50分  (静岡朝日放送)
(関西)
12月30日 4時25分~5時50分  (朝日放送テレビ)
(中国・四国)
12月30日 26時40分~28時05分(広島ホームテレビ)
12月30日 4時25分~5時50分  (瀬戸内海テレビ)
12月31日 4時25分~5時50分  (山口朝日放送)
12月31日 6時00分~7時25分  (愛媛朝日テレビ)
(九州)
12月28日 4時30分~5時50分  (長崎文化放送)
12月30日 4時30分~5時50分  (九州朝日放送)
12月31日 4時25分~5時50分  (熊本朝日放送)
1月 2日 26時35分~28時00分(鹿児島放送)
1月 3日 4時25分~5時50分  (大分朝日放送)
1月 3日 4時25分~5時50分  (琉球朝日放送)
*放送時間は変更になる可能性もあります。放送前に各局のHPや番組表でご確認下さい。

これ以外の放送も決まり次第お知らせ致します。


【第87回】公演 11月23日(土)徳島市(徳島県)

徳島市での公演は2度目となる。最初は2017年6月3日で、寺町の名刹・般若院の本堂が舞台だった。御堂は満員で、入り切れない観客のために、庭にスクリーンを張り、折りたたみの椅子を並べた。
同時中継で、切り抜けた。当時は、全国で10回ぐらいやれれば幸いと思っていた。あれから3年、今回で87回となった。本来は88回目で、徳島にふさわしい数字だと思っていたが、秋の台風で東京公演が1回分、来年へ延期されたので87回になった。しかし、般若院の住職によると、88回の満願よりも、1回少い方が未来があるとのことだった。そんなわけで、88回目は来年にもち越すことにして、12月は溜ってしまった原稿執筆や資料整理、講演活動の時間にあてる予定。今回の公演は、朗読サークル、映画上映運動、市民運動など、さまざまな人々が上演委員会を作って下さって成立した。シビックセンター・さくらホールは、予想を超えて、240人前後の観客が集合し、大盛況だった。裏方をつとめて下さった方々に感謝したい。